~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

風景の魅力存分に 『関 建治油絵展』

 
 道内各地の四季折々の風景を、明るく、すっきりとした空気感で描いた作品22点を発表。いつもは大作が中心だが今回はサムホールから25号。「私としては珍しく小品です。楽しく描きました」。個展は数多く昨年は余市でも。
 札幌、函館、上富良野、積丹、洞爺湖…道内各地の風景を濁りのない澄んだ色彩で心地よく描いている。しかも札幌の『ライラック咲く』からウトロの『オホーツク海明ける』まで四季の表情を丁寧に、優しく描いている。
 サブタイトル〝四季の陽射(ひざ)し〟が示すように陽光があふれている。
 上富良野の『麦秋の丘』、美瑛の『麦秋』などスケールも大きい。風景の魅力も存分に見せている。

 札幌市中央区南1西2、丸井今井一条館8階美術工芸ギャラリーで18日まで。

 ◆写真は、油彩の『神威岬夏来たる』(6号)



 P1050367_convert_20140814104230.jpg  関 建治(せき・けんじ)さん
 制作は現場主義。マイカーで道内を走り回る。2000年に恵庭市立和光小学校長を定年退職、その翌年白日会展に初出品で入選、札幌で初個展も。今年11月恵庭で初めて北海道現代具象展が開催される。そのための「恵庭に優れた文化を」ネットワーク実行委員長として尽力。白日会会友、絵画グループ穹(そら)主宰。道学芸大学函館校卒。1939年函館市生まれ。恵庭市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ