~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

ストーリー性秘めた油彩の大作 『川上 直樹展』

 
 大きな空間の中にストーリーを秘めた“心象的具象空間″を追求し続けて5年―。『国境地帯』シリーズを中心に100号から130号6点をメーンに合わせて18点を出品。重厚な描き方で静寂感を漂わせている。一昨年に次いで8回目の個展。
 元々は、きれいなマチエールの風景画だったが、2009年の『跡地』と題した大作から、人間の内面性を追求する心象的な作品に。具象を基調としながらも孤独感を漂わせた展開に。
 『国境地帯』シリーズの作品『あかるいところへ』は、大きな空間の向こうに建て物が浮き、チョウが飛び、『想うもの』は、白い横長の台の下で犬が眠っている…作品の多くに白い箱や横長の台が描かれ、不思議な印象を与える。白い台の下にポツンとザクロや枯れたハスの花、卵が描かれた作品も無言の語りが秘められている。深い内面性を追及している。

 札幌市西区山の手7条6丁目4-25、ギャラリー山の手で11月8日まで。

 ◆写真は、油彩の『想うもの』 (100号)



 P1050588_convert_20141023163103.jpg  川上 直樹(かわかみ・なおき)さん
 「両親の死、東日本震災による子供の死などが、作品に自然と出てきます」。初個展は2006年。09年一線美術展で新人賞、12年会友賞、13年道展で佳作賞。中央医療技術学院放射線学科卒業。一線美術会会友。1953年札幌市生まれ。同市西区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ