~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

「老子」テーマに大作 『我妻 緑巢書展』

 
 今年北海道書道連盟から功労賞を受賞するなど書道文化の振興に大きな役割を果たしており、04年以来10年振り5回目の個展。前回は「宮澤賢治をたずねて」だった。今回のテーマは「老子を書く」。大作26点を展示、エネルギッシュな取り組みを見せている。
 老子は、古代中国の春秋戦国時代の思想家とされているが生没年は分かっていない。しかし「道徳経」を著(あらわ)したとされ、その思想は広く伝えられている。
 「本を沢山読んだ。老子を書く夢も見た」と語り、老子の思想や言葉などを今年の元旦から8月末までに書き上げた。
 「一は、すべての数のはじり…」として4点の『「一」を得る』という淡墨調の堂々とした作品から『国を治めるなら…』『無用とは…』『美しさと醜さ…』など独特のリズム感と空間を生かしち筆の走り。
 書にかける渾身の思いと情熱が伝わってくる。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで23日まで。


 ◆写真は、展示されている数々の大作




 P1050721_convert_20141120201132.jpg 我妻 緑巢(あづま・りょくそう)さん
 前回は古希の記念展だった。今回は傘寿展。師は渡辺緑邦氏。北海道書道展理事を9年努め、03年から05年まで毎日書道展実行委員長。05年札幌芸術賞受賞。北海道書道展理事長。1934年室蘭市生まれ札幌市北区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ