~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

描き続けて65年 『浅野 天鐘日本画展』


 「好きだから描いている」―。日本画を画き続けて65年を記念、流麗で繊細に描いた風景と花の作品19点を発表、存在感を見せている。2012年に50回記念の個展を開いており84歳の現在も絵の指導を続けている。
 ひたすら風景と花を画き続けており「その前にたたずむと呼びかけてくるような感じです」。今回も現場主義で描いた風景と花の作品を、ほぼ半々ずつ出展。
 風景は勢いよく落下する滝、深い渓流の間を流れる川、満月が浮く連山など大きなスケールと共に自然の魅力を入念に描き込んでいる。
 色彩が美しい。特に花は優しく気品がある。“ボタンの浅野”とも言われ、咲き誇るボタンは清楚で優雅。アヤメ、ミズバショウ、ハナショウブ…入念に、より美しく描き上げており、心が和む。
 札幌市東区本町1条1丁目8-27、茶廊法邑で2月1日まで。

 ◆写真は、ボタン(右)とミズバショウ(左)を描いた大作(いずれも170×77㎝)



 P1050841_convert_20150125111242.jpg  浅野 天鐘(あさの・てんしょう)さん
 終戦の年の1945年、15歳で油彩を始め、その後日本画に。油絵も含めるとキャリア70年。絵は殆ど独学という。道展では会員にも。新興美術院展で奨励賞、会員賞など受賞、89年には文部大臣奨励賞。新鐘会日本が塾主宰。1930年赤平市生まれ。札幌市手稲区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ