~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

独自の「にじみ画」70点 安保 真作品展

 
 1995年に独自の技法による「にじみ画」を確立して20年。その記念展。シマフクロウを中心に描いた新しい墨絵がファンの心を捉えている。札幌展は、2011年以来4年振り。本道で制作・発表していたが、01年以来東京を中心に活動を続けている。
 水墨画ではない。書でもない。水をはじく紙に描きたい所に筆で水をつけ、そこに墨を加えてにじませ、不用な水分は布やスポンジで吸い取る、という手法を繰り返しながら絵を作り上げる。「1点仕上げるのに3ヶ月から4ヶ月はかかる」という根気の取り組み。
 作品は、墨の濃淡を生かしシマフクロウを中心にストーリーを作り上げているのが特徴。そこにはアイヌ文化への熱い思いが込められている。作品『北緯43度の光と影』『バラとふくろう』など木々や花の中でシマフクロウが語り合うような姿をホットな情緒で描いている。心が和む。

 札幌市中央区南1西3、三越9階イベントホールで9日まで。

 ◆写真は、にじみ画の『キズナ』(60×90㎝)



 P1050894_convert_20150205090920.jpg  安保 真(あんぼ・まこと)さん
 現代墨絵作家。元々は書家。「中学時代にアイヌ文化に魅せられ、大人になって生涯のテーマとして描き続けることを決めました」。にじみ画は独学。2010年に日仏現代美術世界展での受賞など数多く受賞。夫人は陶芸家。1962年オホーツク管内佐呂間町生まれ。兵庫県在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ