~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

被災地の東北のスケッチも 『日下 康夫個展』

 
 33年にわたってロシア、中央アジア、モンゴルなどユーラシアの旅シリーズを続けていいたが、今回4年振りに「北海道・東北を描く」をテーマに油彩17点、淡彩スケッチ30点を発表。スケッチは、災害に遭った宮城県亘理町、福島県新地町の被災前の風景を写真や各種資料を元に再現したもので、個展終了後両町に寄贈するという。
 亘理町は実父養司さん、新地町は実母玉代さんの郷里。「今は海を見渡すだけの平地」だそうだが、当時の商店街、駅舎、神社、漁港などを明るく生き生きと描き、住時をしのばせている。
 油彩はウトロ岬灯台、室蘭地球岬、小樽運河、知床五湖など道内各地の風景。いずれも透明感に富み、しかも大きなスケール。神威岬や室蘭地球岬を描いた大作は画面いっぱいに迫力感が広がり、斜里岳遠望、能取岬灯台など各地の風景は、色彩が美しく空気感に富んでいる。

 札幌市中央区北3西3大同生命ビル、大同ギャラリーで24日まで。

 ◆写真は油彩の『北の岬(神威岬)』(100号)



 P1050992_convert_20150320153547.jpg  日下 康夫(くさか・やすお)さん
 亘理町、新地町には一昨年6月に訪れた。「役場の方たちが協力してくれました」。1983年にロシアシリーズの第1回展を開き、以後モンゴル、中央アジアむ、シルクロード、トルコシリーズを発表。昨年『ユーラシアスケッチ紀行』を発刊。日洋会会員。1947年夕張市生まれ。札幌市東区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ