~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

13人が個性豊かに 北海道抽象派作家協会展

 

 抽象の美を追究している本道在住のアーティスト集団の第42回展。作家協会(今荘義男代表)の同人と推薦作家合わせて13人が多彩な作品を発表、抽象作品の魅力を見せている。
 1973年に故渡辺伊八郎氏の呼びかけで創立結成展が開かれ、その翌年から毎年開催。2013年に40周年記念展が開かれた。「抽象派作家だけの美術展がこれほど長く続いているのは、全国的にも例がない」といわれている。
 出品作家は20歳代から90歳代と幅広く、正面から立体構成まで個性を競っている。今年の推薦作家は小川豊(小樽)柿崎秀樹(江別)丸藤真智子(札幌)田中季里(岩見沢)の皆さん。このうち小川さん、丸藤さんが次回から同人に。
 三浦恭三さん(小樽)の『連鎖』シリーズの7点はブルー系の濃淡を基調に軽快なリズム感、後藤和司さん(札幌)の『river』の5点は、深い色彩のコントラストの中にストーリーを秘め、宮部美紀さん(石狩)の『流れる』は動的な色彩構成。
 2012年の新道展で協会賞を受賞した田村純也さん(苫小牧)の立体作品『群影』は存在感がある。

 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで26日まで。



 ◆写真は、中央が田村純也さんの作品 『群影』
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ