~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

ヒマワリの生命力を力強く 『居林 洋子油彩画展』


 ヒマワリの美しさ、生命力を描き続け、2012年に道展の会友推挙に。さらに二紀展に入選を続けており今回、2室に100号、130号の大作を中心に13点を発表。大きなスケールで生き生きと描き込んでいる。札幌では2006年以来9年振り2回目の個展。
 ヒマワリといっても花瓶に生けて飾っている表情ではない。画面の中央に縦に数多くのヒマワリを色彩豊かに描き、その背景に風景…という独自の花の世界。その風景は、滝川市江部乙にある丸加高原。
 「ヒマワリは、枯れてもいろいろな表情を見せ、生命力がある」と語り、ヒマワリを浮き立たせるように向こう側に丸加高原が。
 大作『丸加の里~涼風』『丸加の里~秋日』は季節感を描き、『丸加の落日』は、ヒマワリの向こうに夕日が沈む光景。表情豊かに深いマチエールで入念に描き込み、動的な情緒でさえある。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで7月4日まで。

 ◆写真は、油彩『丸加の落日』(100号)



 P1060191_convert_20150703100836.jpg  居林 洋子(いばやし・ようこ)さん
 2004年に滝川美術自然史館副館長を最後に市役所を定年退職以来11年。「そろそろ札幌で…と思っていました。道展も今年90周年ですし」。91年に道展に初入選、80年に佳作賞。07年以来二紀展にも入選。14年に滝川市文化功労賞受賞。滝川美術協会事務局長を11年務め、今年4月から顧問。道展会友。1944年滝川市生まれ。同市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ