~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

具象絵画の魅力存分に 『藤井 高志展』

 
 1978年に全道展に初入選以来37年。精力的な取り組みを続けており今回も150号の大作3点を中心にサムホールまで45点を発表。濁りのないスマートな色彩と執ような描き込みで具象絵画の魅力を見せている。今年2月に次ぐ個展。
 ″自分の記録あるいは記憶”をサブタイトルに出展は風景、人物、静物、花と2013年から14年にかけてイタリア旅行をした時の作品など多彩。大作には、ストーリーが込められている。
 風景は空気が澄み、大きなスケール。しかも単なる風景ではない。大作『少年の日(秋)』は木橋のたもとに少年が横たわり、『旅の始まり』は少年の背後に古い木造の校舎、『犬のいる風景』は、広々とした風景の中に1匹の犬…入念な描き込みで郷愁と深い思いが秘められている。
 イタリアの風景はスマートで色彩が洗練されている。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで5日まで。

 ◆写真は油彩の『少年の日(秋)』(150号)


 P1060396_convert_20150903090957.jpg 藤井 高志(ふじい・たかし)さん
 1979年から全道展で奨励賞、蒼騎展で蒼騎会賞など多数受賞。1984年から実父の正氏と7回父子展を開催。グループ櫂展、具象の新世紀展、グループ環展など多数に出品。「新しい方向を探るため個展はしばらく休む」という。全道展会員、蒼騎会道支部長。北見工大開発工学科卒。1953年空知管内浦臼町生まれ。北広島市在住。
スポンサーサイト
コメント

お礼

いつもまっ先に会場に来ていただいて、詳しく取材し、わたしども作者のなかの気持ちを引き出すとともに、これからの制作のエネルギーをも引き出して頂き、感謝に絶えません。ありがとうございました。
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ