~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

絵のような造形美 『土橋 陶媛展』




 「粘土を使って美術的な造形を深めたい」―。2003年に札幌市から空知管内由仁町に転居、新たに「UNI―絹窯」を開窯、05年から札幌で毎年個展を続け今回が10回目。その記念展。ユリやスイセンなど数々の花を文様化し、日本画を見るような美しい作品をそろえている。1981年、札幌市手稲区に「絹窯」を開窯して以来35年でもある。
 象嵌の手法による大皿、下絵付けの手法の壁掛け、金彩練り込みの小鉢や湯のみ、あるいは辰砂の花びん…美しい造形美の作品がいっぱい。
 象嵌の手法の大作は、絵のようにボタンを表現、下絵付けの手法による『草花図壁掛』はスイセンやユリを色彩豊かに…など非常に手の込んだ取り組み。
 何種類かの粘土を練り込み、波紋様を表現した作品もあり”焼き物″とは思えない気品と美しさである。
 特別な師はいないが、かつては道展で佳作賞、会友賞を受賞。伝統工芸作品賞、北の菓子器展などに入選。ご主人も陶芸家で由仁町には美術館ぎゅらりーも。「開窯50年までは続けたい」。空知管内上砂川町生まれ。

 札幌市中央区大通西5、大五ビル・ギャラリー大通美術館で11月1日まで。


 ◆写真は大作の『牡丹紋象嵌四方皿』(49×49㌢)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ