~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

植物の生命力をアートに 『杉田 光江展』

 
 「このような作品を発表するのは全国的にも珍しいかも…」。『森・生命体・再生』をテーマに乾燥させたガマの穂を会場いっぱいに床面に敷き、イネ科の植物というホリジュームのやはり穂の部分を組み合わせて天井からつり下げた全く独自のインスタレーション。枯れた植物の再生が強調されている。2009年以来6年振り9回目の個展。
 「会場で展示するのに4日かかりました」。その取り組みは枯れた植物の美と生命の再生である。すっかり茶色に枯れたガマの穂を真綿状に床面いっぱいに広げ、乾燥させてふわふわと浮くホリジュームの穂の部分を3~4mの長さに組み合わせ、タンポポり綿毛も付けて新たな生命体に。
 植物の種子が秘めている生命力を引き出してアートに″変身”させている。神秘感も漂わせた独自の世界である。


 札幌市中央区北1西28、ギャラリーレタラで16日まで。


 ◆写真は会場いっぱいに展示された作品





 P1060591_convert_20151104161335.jpg  杉田 光江(すぎた・みつえ)さん
 中学校時代から生け花に親しみ現在草月流1級師範で理事。従って花、種子への思いは強い。「多くの方の理解と協力に恵まれています」。横浜市生まれで1985年札幌市へ。その5年後から制作。初個展は1992年。北海道立体表現展など多くのグループ展に出品。2000年に草月作品賞を受賞。札幌市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ