~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

古代都市の崩壊と歴史 『佐藤 武展』

 
 1975年にインド・ネパールを取材以来約40年―。「静寂、不安、崩壊」をテーマに古都の崩壊を描き続け、今回は「旅の終わり」をメーンテーマに三曲屏風(横4・8m)二曲屏風(同3・6m)の大作を中心に19点を発表。広々とした空間に古代のドラマが秘められている。77回目の個展。
 広大な砂漠に崩壊した古代都市の一部やその破片が広がり、画面のほぼ3分の2が空という大きなスケール。『旅の終わり』『雨上がり』『時空の果て』のシリーズを細密な描写力で展開している。
 今年6月に完成したという屏風仕立ての『雨あがる』など、どの作品も森閑とした空気感。かつて栄華を誇った年の息吹が伝わってくる。崩壊の中には墓もあり、砂漠の中の都市像を創造させ、歴史が秘められている。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで14日まで。

 ◆写真は三曲屏風の大作『旅の終わり~雨あがル』(1・2m×4・8m)


 P1060611_convert_20151112174626.jpg 佐藤 武(さとう・たけし)さん
 すべて今年の新作。額装も自家製。小学校4~5年から油絵を描いたという。独学。初個展は1967年。昨年も札幌、横浜で。第5回上野の森美術館絵画大賞展で特別優秀賞。北海道の美術・イメージ動展で道立近代美術館賞、第6回東京セントラル美術館油絵大賞展で佳作賞など。1947年千歳市生まれ。札幌市北区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ