~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

大小の「家」の彫刻 野村 裕之展


P1060721_convert_20160111101150.jpg 
 「家を守るのは家族であり、自然の影響も大きい」―。”家ヲ壊スモノ″をタイトルに、札幌市南区石山で産出された札幌軟石で大小の家を作り上げた彫刻25点を発表。彫刻歴ほぼ30年。1昨年に次いで10回目の個展。
 昨年の全道展で、やはり札幌軟石を素材に『穴のある家』という大作を発表”家シリーズ″を続けている。「軟石は水分を吸いやすく色々な表情がある」と語り、発表している作品「家」は、重さ130㌔の大作はノミの跡がリズミカル、シンプルでノミの跡が全くないきれいな造形美、外気に18年もさらしてコケが生えたグリーンの色彩…など表情が様ざま。
 家の在り方と共に「外気にふれさせて1年ぐらい」という作品『十字架の家』は、わずかにコケが生えているなど自然とのかかわりも強調している。大小の作品は家族。社会の在り方、自然の力を改めて考えさせている。

 札幌市中央区南5西20、ギャラリーミヤシタで17日まで。

 ◆写真は札幌軟石を素材にした彫刻『穴のある家 家にある穴』(60×90㎝)



 P1060726_convert_20160111101224.jpg  野村 裕之(のむら・ひろゆき)さん
 1996年東京から札幌へ。その翌年空知管内長沼町にアトリエを設けた。93年に埼玉県で初個展。札幌でも個展、グループ展が多く、今月もNew・Point展、彫刻美術館前での雪像展に出品する。全道展で道新賞、佳作賞、2009年会員。金沢美術工芸大学から日大芸術研究所修了。1961年岐阜市生まれ。長沼町在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ