~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

73人が水彩画の魅力競う 『道彩会会員会友展』

P1060769_convert_20160223091626.jpg 
 北海道水彩画会(小堀清純代表)に結集する会員、会友の第35回水彩画展。昨年より多い73人がA、B、C3室にきれいな具象の風景から洗練された色彩の抽象絵画まで多彩な作品を発表、水彩画の魅力をアピールしている。変形10号から40号。
 主催者側は「形や色彩にこだわらず、それぞれが独自に挑戦している」と語り作品は風景、人物、花、静物から抽象構成まで個性豊か。会員55人、会友18人が技量と感性を競っている。
 時計台ギャラリーが出賞している今年で8会目の「みず賞」は、橘弥生さん(札幌)の風景『田園晩秋』に。昨年の道彩展で発表した上品な静物から一転して広々とした風景が空気感を広げている。
 昨年「みず賞」の黄倉和子さん(江別)は森閑とした冬景色、月を描き続けている辺見富美子さん(同)は夜空のロマン、高橋智子そん(札幌)の抽象画は思い切った白の世界など、いずれも発想の豊かな取り組みを見せている。
 9月に開かれる第36回道彩展にどのような力作、大作を見せるのか楽しみである。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで27日まで。


 ◆写真は「みず賞」を受賞した橘弥生さんの水彩『田園晩秋』(40号)

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ