~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

感謝の気持ち込めて大作 『益村 信子個展』


 「全く独自のどこかの風景です」。続けている「DANCIG GALXY」(踊る銀河)シリーズの油彩14点とコラージュ、床面いっぱいに表現したインスタレーション(架設展示)を2室に展示「大同ギャラリーで開く個展の総決算です」。一昨年に次いで21回目の個展。
 油彩は100号を中心に大作。「1990年代から取り組んでいる」という神秘感を広げた宇宙空間での心象風景。大画面にギリシャ神殿森や川を思わせる風景、色彩豊かな立体的な構造物が浮く…といった幻想的な世界。入念な描き込みである。
 インスタレーションは横3m×縦6mの大作。星くずを散りばめたような白い”破片″の上にブルーの大小の筒状が競うように林立。生命感と立体感を強調している。
 「森羅万象」をテーマに独自の世界を作り上げている。

 札幌市中央区北3西3、大同ギャラリーで3月1日まで。

 ◆写真は、会場いっぱいに展示されたインスタレーション



 P1060787_convert_20160226102327.jpg 益村 信子(ますむら・のぶこ)さん
 「神からの頂き物かも知れません」。1990年代から”銀河″のシリーズに。インスタレーションは1997年、青森県・亀ヶ岡屋外オブジェ展で大賞を受賞して以来本格的に。初個展は1991年。以来大同ギャラリーでの発表が多いが、大同ギャラリーが3月末で閉館することから感謝の意を込めた個展に。道教育大学岩見沢校卒。1954年岩見沢市生まれ。札幌市在住。



            
 ◇1975年8月開館した大同ギャラリーは、札幌大同生命ビルの建て替えに伴い今年3月末で閉館することになり、美術ファンに惜しまれている。

スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ