~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

受賞記念で大作 『高井 秀樹展』

 
 岡山県備前市で陶芸の道に入って以来35年。その取り組みと作品が評価されて平成28年度の道銀芸術文化奨励賞を受賞した。その記念展。1994年から昨年までの21年間の代表作を出品している。
 大作が中心。制作の手法も多彩。2011年から青白磁の作品に取り組んでいるが、それまでは、いわゆる土もの、つまり陶器だった。展示作品は、その歩みを示している。
 青白く輝く清楚な『青白磁花器』は直径44㎝、中央に帯状に青白い文様が浮く『灰釉結晶彩平鉢』は直径52㎝、さらに土ものでブルー系の『灰釉蓋付大壺』は高さ70㎝など大作が人目を引く。日本工芸など公募展に出品した作品で技量の高さを示している。
 一方、人形作家の和枝夫人と”合作″のエトにちなんだ十二支の作品は愛らしい。8日、文化奨励賞の授賞式が行われた。

 札幌市中央区大通4西、らいらっく・ぎゃらりぃで20日まで。

 ◆写真は展示されている大作



 P1060821_convert_20160309195438.jpg  高井 秀樹(たかい・ひでき)さん
 「受賞は、長く制作を続けているからでしょう」。1985年道南の大野町(現北斗町)にキリール陶房を開窯、2002年函館市に移動。初個展は1986年。伝統工芸新作展で道新賞、道展で佳作賞など。日本工芸会正会員、道展、赤光社、北海道陶芸会会員。1957年函館市生まれ。同市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ