~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

在りし日をしのび12点 『岸本 裕躬回顧展』

 
 かつて行動展、全道展で活躍、2011年1月20日73歳の生涯を終えた作者の作品展。油彩を中心に1960年のクレヨンによる静物画から08年の水彩画『あやめ』まで12点が展示され在りし日をしのんでいる。
 回顧展は深川市で2回開かれ、13年に札幌で特選展が開かれている。
 網走向陽高校から札幌西高を経て法政大学へ。同大美術部で本格的に絵筆を手にし、卒業後札幌で活躍、行動展、全道展で協会賞を受賞、35歳の時パリにも留学した。
 モチーフの基調は、動・植物の力強い生命力と原始性。豊かでソフトな色彩と動きのある筆勢で生命の根源を追求していた。
 今回の回顧展は『自画像』(1974年)、花を描いた『夜の梅』(93年)、農村の風景を広々と描いた『初冬の畑』(98年)、さらに馬に乗った少女の上空で不思議な生命体がうごめく『動物園の少女』(同)などバラエティーに富み取り組みの幅の広さを示している。
 06年に札幌芸術賞を受賞。今回希久子夫人が初の画集を発刊した。

 札幌市中央区南9西3、ト・オン・カフェで18日まで。


 ◆写真は1998年の歳『初冬の畑』(50号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ