~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

協会賞は水高さんの大作 『第61回新道展』

 
 1956(昭和31)年に第1回展を開き、昨年60周年記念展を開いた新道展(新北海道美術協会)に、今年は432点の応募があり会員、会友と一般の入賞・入選作品合わせて285点の大作、力作が展示され個性を競っている。
 作品は油彩を中心に立体造形、インスタレーション。最高賞は、恵庭市の水高和彦さん(62)の『時のコンポジション』に。ハンガー、段ボール、古い木材などコンクリートなどで固めたミクストメディアで50号2点を組み合わせ、重さが60㌔以上の大作。「廃品に再び生命の息吹を」といった思いが込められている。
 絵画は具象から抽象まで多彩。水彩画に充実感があり、大作のインスタレーションは力作ぞろい。9人が佳作賞、2人が新人賞を受賞、6人が会員、9人が会友推挙に。新人賞の舟曳信世さんは兵庫県伊丹市からの出品で和紙に鉛筆で描き込んだ縦4㍍×横1・50㍍を2点組み合わせた大作。会員による熊本地震義援金のチャリティー小品も開かれている。
 会員推挙は下記のとおり(敬称略)
 安味真理(北広島)木本アツ子、宇流奈未、藤井静江(以上札幌)大浦義巳(平取)三浦恵美子(苫小牧)

 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで11日まで。


 ◆写真は一番手前が水高和彦さんの協会賞受賞作品
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ