~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

大作中心に19点 『木村 由紀子展』

 
 「具象15年、抽象15年です」。その抽象作品の60号から130号の大作11点を中心に19点を発表。個展、グループ展は東京でも開催、数多いが今回の時計台ギャラリーでは6年振り。モノトーンを基調に、じっと見ていると画面に吸い込まれそうな筆勢が印象的。
 「ギリシャのクレタ島の古い名称」という『CRETOS』のシリーズ。そのテーマは風が吹き、水が流れる自然の表情・力。展示している2012年の作品は、白い空間に黒がうごめき細い線が走りシャープな描写力だが、近作は黒い円形を基調に画面全体が動的。奥行きの深い描き込み。
 アクリル絵の具。筆とナイフのほかねん土やガーゼも使い入念なマチエール。思い切った構図であり空気感が広がっている。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで10日まで。

 ◆写真は動的な描写力の作品『CRETOS』(100号)



 P1070174_convert_20160907161152.jpg 木村 由紀子(きむら・ゆきこ)さん
 元々は人物像だった。2001年から自然をテーマにした抽象絵画に。体調を崩して入院、病室の窓から藻岩山の風に舞う枯れ葉を見続けたのが動材という。全道展で1987年、92年奨励賞、93年佳作賞、94年協会賞。独立展で05年新人賞、09年佳作賞、10年から12年と14年奨励賞。ご主人は全道展、独立展会員の木村富秋氏。全道展会員、独立展準会員。渡島管内江差町生まれ。札幌市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ