~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

82人が多彩な工芸の美 『第37回美工展』

 
 北海道美術工芸協会(羽賀隆事務局長)主催の公募展で連続37回目。会員、会友と入賞・入選者82人の作品88点が展示され、多彩な工芸の美を競い合っている。年齢層も10歳から80歳代まで幅広い。
 押し花、織り、染色、陶芸、木工、和紙絵、組み紐、皮革、七宝、人形、今回から設けられた葉彩画…18部門に及ぶ。分野の広さと愛好家がいかに多いかを示している。しかも伝統の技法を現代的な感性で仕上げ、見応えがある。
 公募作品では、06年以来協会賞受賞作が見送られているが、佳作賞で新会友 工藤悠さん(札幌)の染め、新人賞千葉将壽さん(富良野)の木工、奨励賞長谷川東美子さん(千歳)の刺しゅう、一昨年新人賞で今回佳作賞瓜生幸さん(札幌)の組み紐などは力作。染めの分野では、道都大学生や卒業生の進出が印象的だ。
 当然ながら会員、会友のガンバリが美工展を盛り上げている。今回展で永原智恵子、渡辺敦子、山内价子(以上札幌) 新田千恵子(伊達)の皆さんが新会員に推挙された。11月には会員展が開かれる。

 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで25日まで。

 ◆ 写真は、展示されている会員の多彩な作品


 
  P1000252_convert_20100422103411.jpg  はが たかしさん
 15年にわたって事務局長を務めた高木晶子さんに代わり、07年に4代目事務局長に。歴代女性が事務局長だったが、男性では初めて。専門は木工。1996年英国・ロンドンで研修。今回は木のテーブルを出品。キャリア25年。「若い世代の出品が確実に増えてきた。今後は全国から応募出来るような体制をつくり、更に特色を出して行きたい」。24日に札幌グランドホテルで授賞式と懇親会を開く。北大教育学部卒。1950年盛岡市生まれだが間もなく北海道へ。札幌市豊平区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ