~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

40回展に思いを込めて 『坂田 雅義陶芸展』

 
 帯広市で師魯久窯(しろくがま)を開窯しており、1978年から今回の会場である時計台ギャラリーで個展を毎年開き今回で40回展。その区切りに“出会いに感謝を込めて”をタイトルに「これまでに人気があった」という作品を会場いっぱいに展示している。
 作品は猫、犬、ニワトリなどの“動物シリーズ”50点から花器、つぼ、大小の皿、カップ類、陶板など多種多彩。
 穴窯と電気窯で焼成しており、作品の基調は、どっしりとした風格の“土色”。各種動物は、思わず触ってみたくなるかわいさ。表情が豊か。
 花器や皿には珍しく赤い線が走っていたり、フクロウの陶板は絵のようにカラフル、釉(ゆう)の輝きのカップ類…1975年に開窯、独立以来41年のキャリアを示している。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで17日まで。

 ◆写真は展示されている“動物シリーズ”の作品


 P1070187_convert_20160916154027.jpg 坂田 雅義(さかた・まさよし)さん
 「今回はテーマを決めずに展示した。札幌での個展は、これが最後。今後は帯広で開きます」。1978年に本道で初めて十勝管内忠類村(現幕別町)に穴窯を設けた。個展、グループ展は数多く東京、大阪、京都でも。1973年福井県窯業試験場専科研修生修了。51年帯広市生まれ。同市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ