~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

自然の魅力を存分に 『関建治北海道風景油絵展』

 
 徹底した現場主義で北海道の四季の風景を描き続けており、油彩18点を中心に水彩も8点出品、明るい色彩で自然の魅力を描き込んでいる。油彩はサムホールから30号。今年2回目の個展。
 「自然は光りによって表情が変わる。どの季節も美しい」―。小樽、美瑛、積丹、石狩、室蘭…道内各地の四季の風景を澄んだ色彩と奥行きのある構図で展開している。その色彩は優しく快晴の光景。
 長沼から千歳方向を望んだ広々とした展望の『夏の午後』、秋の美瑛の『麦秋の丘』、室蘭の『冬のトッカリショ』…色彩豊かに光りと影をともない移り行く自然の表情を入念に仕上げている。そこには自然のドラマがある。
 青い空、白い雲、広い田畑そして広い海…北海道賛歌である。

 札幌市西区二十四軒4条3丁目、ギャラリー北のモンパルナスで29日まで。

 ◆写真は油彩『冬の舟揚げ場(積丹)』(30号)


 P1070250_convert_20161006163829.jpg 関 建治(せき・けんじ)さん
 「光線が大切です」。マイカーで道内を回り現場で描く。そこで地元の人と親しくなることが多い。一度描いた現場を再度見に行く。2001年に白日会展に初入選以来現在の手法に。個展、グループ展は多数。2000年に恵庭・和光小学校長を定年退職。白日会準会員、道造形教育連盟顧問、絵画グループ「穹(そら)」主宰。道学芸大学函館校卒。1939年函館市生まれ、恵庭市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ