~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

55人が大作93点 『第10回北海道現代具象展』

 

 「現代日本の絵画の今を北海道で展開したい」―。2007年に本道在住と道外の招待作家、特別招待作家の24人による第1回展が開かれて以来今回で第10回展。第1回展からの招待作家と今回展の招待作家31人と具象展の実行委員24人の合わせて55人が93点を出品、ファンを魅了している。
 1991年に北の現代具象展としてスタート、02年から具象の新世紀展に衣替え、その後現在の名称に変わり25年の歴史を重ねた。
 展示されている93点は油彩を中心に日本画、水彩、ミクストメディアなど多数。しかも吉川聡子さん(札幌)の日本画は、194×520・2㎝サイズを4枚組み合わせるなど大作が壁面を飾り美の競演に。
 招待作家は、日本を代表する具象作家で中でも笠井誠一、野田弘志氏は第1回展からの出品者。
 実行委員会では「著名作家の展覧会は東京での開催は難しく北海道だからこそ出来た」と語り10回展を区切りに今回で終了するという。三越9階ギャラリーで小品展も開かれている。
 15日から神田日勝記念美術館を皮切りに室蘭、深川、千歳市で開かれる。

 札幌市中央区北1西17、道立近代美術館で8日まで。

 ◆写真は展示されている多彩な大作
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ