~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

早春の風景を雄大に 『池上 啓一油絵個展』

 
 北海道の早春の風景を雄大なスケールで描き続けており、その大作7点を中心にフランスの風景、静物合わせて30点を発表。会場の時計台ギャラリーでは1981年に個展を開いて以来、同時に80歳を迎えた記念展である。
 「何もない北の大地の広がりが好きで…」。1974年の初個展で出品した思い出の石狩・望来の『陽春の丘』以外は早春の残雪の風景。大作の『昭和新山遠望』、北広島の『丘陵への丘』…遥か向こうまで見渡せる早春の風景をコントラスト豊かに雄大に展開している。
 快晴で春の訪れを感じさせる暖かい雰囲気。明るく空気が澄んでいる。
 フランスへは、1998年と2000年に訪れている。出展は17点。離れ島の『モンサンミッシェル』を始め街の表情を描いた『オンフルール』『アビニオンの橋』などを濁りのない色彩で描き、ゆっくり楽しめる。個展は今回で終わりにするという。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで19日まで。

 ◆写真は北広島市の風景『丘陵への道』(100号)


 P1070372_convert_20161117154025.jpg 池上 啓一(いけがみ・けいいち)さん
 20回目の個展。風景は現地で10号までのキャンバスに描く。「今後は、今の取り組みから脱却したい」。道展でホクレン賞、札幌市教育長賞、会友賞。道展、グループ”環”会員。道教育大学札幌校卒。1936年旧樺太生まれ。札幌市豊平区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ