~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

流麗、優雅なかな文字の美 『書道わか葉会展』

 
 かな文字の美を追究している書道研究 『わか葉会』(阿部和加子さん主宰)の第5回書道展。総勢90人が額装、軸装、折り状、びょうぶなど92点を発表、会場に優雅な美が広がっている。
 1994(平成6)年に第1回展を開いて以来、4年毎に開いており、今回も流麗なかなの美の大作・力作が、ファンを魅了してる。
 出品は、かな書道界の第一人者といわれた書家で草心会会長、日展審査会員だった故山口南艸(なんそう)氏、草心会理事長阪本千楸氏、同副理事長倉橋奇艸氏(いずれも兵庫県)、わかば会顧問で主宰の阿部さんのご主人阿部和男氏(札幌)から小学1年生の高崎全、梅津颯颯大ちゃん(同)まで幅広い。
 「かな文字は、世界に誇る文化遺産であり、その美しさを表現出来るのは幸せ」と語り大阪、秋田、高松などからも出品。料紙に書いた軽快で美しく流れるようなリズミカルなかな文字が清そで気品に富んでいる。阿部さんと出品の狩野紅舟、菅原京子、山田香園、木村征子(札幌)大門玉泉(苫小牧)澤田弥生(美唄)竹内松韻(函館)の皆さんは北海道書道展審査会員。
 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで5月2日まで。

 ◆ 写真は、展示されている数々のかな文字の作品


  P1000276_convert_20100429112150.jpg   あべ わかこさん
 6歳から習字、12歳からかな文字を学び、13歳で臨書を公募展に初出品して入選、以来かな書道に専念、今年で50年。17歳から24年間故松本春子さんに師事、その後1990年から14年間神戸の故山口南艸氏の指導を受けた。今年の第5回展は故山口氏の7回忌に当たる。今回は2点を出品、そのうちの1点は2・40㍍×2・70㍍という大作。1979年毎日書道展で毎日賞、84年北海道書道展で準大賞、97年と99年に読売書法展で読売賞を受賞、日展に入選を続けている。日展会友、北海道書道展審査会員、北海道書道連盟事務局長、読売書法会理事、草心会副理事長。藤女子大学国文科卒で同大同窓会藤の実会会長。1947年札幌市生まれ。札幌市南区在住。
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ