~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

今回が最後の支部展 『大洋会北海道支部展』

 
 具象系の絵画を基調にした公募展・大洋会(本部、東京)の第34回道支部展。11人と2人の協力出品者の油彩25点、水彩8点が美を競っているが高齢化などで出品者が年々減り、道支部展は今回で幕を閉じることに。
 大洋会の本展は、毎年東京で9月か10月に開かれている。昨年は石本興治さん(札幌)が秋の積丹を描いた油彩で新人賞を受賞した。だが原田富弥道支部長は「かつて本部会員だけで33人いたが、今は7人に。高齢化や体調の問題などで出品者が少なくなった」と語り、道支部を解散することに。東京本展への出品は続けるという。
 最後の道支部展は、豊川陽子さん(札幌)の冬景色を描いた3点など四季を描いた作品を中心に大作、力作が最後を飾っている。
 今後は「楽しく豊かな創作活動を続けていくために」と、道支部の皆さんを中心に多くのアーティストに呼びかけ『グルッペ空展』を結成、発表を続ける。16人が参加、3月23日から札幌で第1回展を開くことも決まった。

 札幌市中央区大通西5、大五ビル・ギャラリー大通美術館で22日まで。


 ◆写真は原田富弥さんの奈良・明日村を描いた油彩『棚田のある風景』(100号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ