~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

十勝の自然をアピール 『鹿追窯作陶展』

P1070513_convert_20170127170541.jpg 
 十勝管内鹿追町で作陶を続けている三上一正さんの札幌展。地元鹿追町で採掘される粘土と栽培されるかぼちゃの葉や茎による釉薬、後志管内余市町のりんごの木灰による釉薬で焼き上げた数々の家庭用食器類が展示されている。透明感に富み美しい気品を秘めている。
 作品は直径40㎝の大鉢から酒杯まで多彩。それは、かぼちゃの葉や茎を素材にした釉薬の鮮やかなブルーとりんご灰釉による清そなホワイトに大別される。しかも一部ホワイト系の容器を除き、ひび割れ状の線が走っているのが特徴。
 この貫入の紋様は、焼き上げる温度差によって違い様ざまな表情の線の走りを見せている。地元産の粘土も展示され、十勝の自然にこだわった陶芸の魅力をアピール、30日まで作陶の実演も行っている。

 札幌市中央区南1西2、丸井今井一条館7階で31日まで。

 ◆写真は酒杯を中心にした数々の作品


 P1070515_convert_20170127170614.jpg  三上 一正(みかみ・かずまさ)さん
 1993年に鹿追町陶芸工芸館勤務以来24年。98年平原社展に初出品して入選。個展、グループ展は数多く、昨年札幌芸術の森美術館で開かれた北海道現代陶芸奨励賞展にも入選。北海道陶芸会会員。帯広工業高校機械科卒。1971年十勝管内浦幌町生まれ。鹿追町在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ