~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

バランスの立体作品 『泉 修次展』

 
 「何事もバランスが大切です」―。長年、立体造形作品に取り組んでおり『孤形』『均』『覗き穴のある箱』シリーズなどの作品を発表してきたが、今回は『均衛』のシリーズ。2012年以来5年振りの個展。
 長さ2・20m、幅16㎝の薄く長い板が4本、壁面からのスチールワイヤーに支えられるように1m間隔で整然と並んでいる。日本画の顔料で濃い茶系に彩色され、細長い鉄製のように見え重厚感が漂い緊張感も。
 床面に砂と水が入った缶が多数配置されている。「自然とのバランスを考えた」と語り、空間に浮くような細長い“鉄製“と会話するような雰囲気でもある。
 シンプルな造形美の中にもシャープさと奥行きを感じさせる独得の立体感をつくり出している。

 札幌市中央区北1西28、ギャラリーレタラで2月12日まで。

 ◆写真は「均衛」シリーズの作品


 P1070510_convert_20170127170743.jpg  泉 修次(いずみ・しゅうじ)さん
 「小学生の頃からオモチャなどを作った」。元々はデザイナー。30代から作品を発表、美術界へ。当初は絵画で全道展に入選、その後立体へ。北海道抽象派作家協会展、寒別グランドアート展など多数。個展も1986年以来14~5回という。年末年始のグループ展で発表するおみくじの箱のアートが人気を呼んでいる。1950年茨城県生まれ。札幌市中央区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ