~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

独自の多彩な「にじみ画」 安保 真作品展

 

 「アイヌ文化の魅力を発信したい」―。独自に確立した「にじみ画」でアイヌの人々が最高の神としてあがめるとされているシマフクロウを中心に描いた大小様ざまな作品100点を出品、その魅力を見せている。本道で制作・発表していたが、2001年以来東京を中心に活動、会場の三越では6回目の個展。 水墨画ではない。描きたいところに水をつけ、そこに墨を加えてにじませ、余分な水分を布やスポンジで吸い取る手法を繰り返して仕上げる。1点完成するのに2~3ヶ月かかるという。
 墨の微妙な濃淡のにじみときめ細かなタッチで描き上げたフクロウの表情は多彩。大きく羽ばたいている、4羽が寄りそっている、雪が降る傘の下で親子が何かを語り合っている…常に問いかけるような雰囲気。ポスターカラーで彩色した作品も。
 書家として健筆を振っていることから、書と絵を組み合わせた『書画』『語録』という作品も。ハンカチ、バッグ、カレンダーなども。会場で「にじみ画」制作の手法も見せている。

 札幌市中央区南1西3、三越9階ギャラリーで13日まで。

 ◆写真は展示されている数々の作品



 P1070542_convert_20170210154155.jpg  安保 真(あんぼ・まこと)さん
 現代墨絵作家。1994年に「にじみ画」を確立。千歳の「中学時代にアイヌ文化に出会い30代から取り組んでいる」。個展、グループ展は全国で。メキシコ、ニューヨークなどでも発表。「千歳市でも開きたい」。1962年オホーツク管内佐呂間町生まれ。東京都在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ