~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

自然の生命賛歌を全館に 『柿崎 熙展・森の奥底』

 
 「森に触発されながら“生“を問う作業をしている」―。自然の生命力、神秘感、美しさを基調にした2001年からの『林緑から』の造形作品を中心に1970年からの油彩、版画、鋭筆画など約60点を展示。札幌美術展と銘打ち全館に柿崎ワールドの美を展開している。
 「森の奥底は遠いが、さまよいながら歩くのは楽しい」。森の中で種子が飛び、次への生命を伝えて行く光景を見て感動し取り組んでいる『林緑から』のシリーズは、広い壁面に白い種子が飛び交い、床面から大小の芽がすくすく伸びている。そこには心地よいリズム感と生命力が秘められている。
 カツラの木を彫りアクリル絵の具で白く彩色した造形美。白い種子が風に舞い楽しそうに見える。赤やブルーなどの羽をつけたような種子も。心地よい響きと生命賛歌が広がっている。
 初日の1月28日、130人が出席、祝う会も開かれた。

 札幌市南区芸術の森2、札幌芸術の森美術館で3月26日まで(日曜休館)

 ◆写真は床面と壁面に展示されている『林緑から』の作品


 P1070523_convert_20170218140943.jpg  柿崎 熙(かきざき・ひろし)さん
 バードウオッチングで自然観察を続け『林緑から』のシリーズに。作品は特定の種子、葉、花ではない。1973年以来個展は数多く、北海道立体表現展、水脈の肖像画など多数に出品。2009年道文化奨励賞受賞。道教育大学札幌校特美卒。1946年留萌市生まれ。石狩市在住。



 
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ