~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

11人が油彩、水彩を発表  『第74回方究會展』

 
 1936(昭和11)年に創立され、戦争の関係で43(同18)年から中断、終戦後の46(同21)年に再開された伝統の美術展。時の流れと共にメンバーが変わったが、創設者で今年8月で満96歳を迎える平野俊晶さんら11人が油彩、水彩合わせて22点を出品、取り組みの成果をみせている。
 平野さんのほか池田三枝、川村正男、笹谷圭子、杉本セツ、高橋芳夫、千葉久信、南里葉子、宮崎君子、吉岡良子、渡辺弘子の皆さん。
 平野、川村、高橋、南里さんは白日会会員で、川村さんは今年90歳を迎え、8月に記念の個展を札幌時計台ギャラリーで開く。
 油彩、水彩とともに具象の美を追求。風景、人物、花をモチーフに優しい気品を漂わせている。10号から50号。
 ベテラン平野さんの油彩、少女像の『詩織』は優しく、川村さんの風景『美瑛の丘』はソフトなグリーンを基調に大きなスケール。南里さんの卓上の静物『赤い実』は達者な筆勢。
 宮崎さんの水彩の女性像『追想』は入念な描き込みであり、渡辺さんの風景『綿絵の秋』は小川を流れる水音が聞こえてきそう。高橋さんの『レンギョウの春』はリズミカルな筆勢。それぞれ力量が発揮されている。

 札幌市中央区北1西3、札幌時計台ギャラリーで15日まで。

 ◆ 写真の作品は宮崎君子さんの水彩 『追懐』 (30号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ