~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

優しく気品の「白の世界」 中村 裕作陶展


DSC01010_convert_20170625110840.jpg 
 「10年ぐらい続けた」という『雪原』のシリーズ、そして「昨年から…」の『白樺林』をモチーフにした『白の世界』の作品約100点をそろえ、優しい気品が広がっている。札幌と東京で隔年で個展を開催、今回の三越だけでも18回目。陶芸のキャリア40年。
 作品は大小の花器、つぼ、皿、マグカップ、陶板など多彩。それらは清そな白、淡いブルーが基調。白樺林を表現した『樹林文花器』、白い世界に月が浮く『月下雪原大皿』、渓雪や流氷文の陶板…ソフトで水墨画の世界をイメージするような上品さである。
 白樺林や流氷などの文様は、素焼き状の時にマスキングテープを張り、スプレーで釉薬をかける…という手法。ガス窯で1230度まで上げる。「いかに奥行きのある作品に仕上げるかです」。白樺林、雪の世界の変化する表情を美しく、優しく捉えている。

 札幌市中央区南1西3、三越9階ギャラリーで26日まで。

 ◆写真は、白を基調にした数々の作品


 DSC01014_convert_20170625110913.jpg  中村 裕(なかむら・ひろし)さん
 散歩をし自然を観察している。1982年札幌市南区滝野に築窯、その後91年に駒岡に移築。窯名は草の窯。個展は86年から三越、95年年から東京で。おおたき北海道陶芸展で金賞、現代茶陶展で優秀賞など多数受賞。北海道陶芸会会長。1954年網走管内美幌町生まれ。札幌市南区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ