~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

穴窯で現代感覚の作品 『恒枝 直豆初窯展』

 

 昨年8月富良野市から岡山県に転居、今年4月に完成させた穴窯で焼き上げた備前焼きの作品を会場いっぱいに展示。いわば“里帰り展”。火のあたり具合によって微妙に変化する明るい茶系と黒っぽい色調が調和、スマートな作品に。
 岡山県倉敷市出身だが、富良野市で16年間備前焼きの作品を発表していた。その基調は「現代生活に合う使いやすい作品」。
 出展は大小の皿、マグカップ、花入れ、徳利などからかわいい犬、猫まで多彩。全長約8mの穴窯で赤松をたいて焼成した作品は、淡い茶系が基調。各種皿は、中央が赤っぽく稲わらを載せて焼き、微妙な線紋様が走っている緋だすきの手法が特徴。
 穴窯による作品は、肉厚で重厚…というイメージだが、出展の作品は薄地でスマートな現代感覚。岡山県は登り窯が中心で、穴窯は殆ど無いという。

 札幌市北区北8西1、石の蔵ぎゃらりぃはやしで8月1日まで。

 ◆写真は出展されている数々の作品


 DSC01112_convert_20170728101927.jpg  恒枝 直豆(つねき・なおと)さん
 今年6月に倉敷市で初窯展を開き、8月3日から富良野市でも。穴窯は2ヶ月かけて完成させた。その写真も展示。たく赤松は自身で切って割る。岡山からワゴン車でやって来た。富良野時代は個展、グループ展多数。「来年も札幌でやりたい」。愛媛大学工学部卒。1971年岡山県生まれ。同県浅口市在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ