~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

2期に分かれ8人が出品 北海道・光州美術交流展

 
 「美術を通して人と人との交流を」―。北海道と韓国・光州のアーティスト8人が個性豊かな作品を発表、美の魅力を競っている。初日の8日には、光州からの作家も参加、シンポジウムもおこなわれた。
 展示は、8日から2期に分かれ1期は光州の鄭明敦さんが冬景色を広々と、しかも細密に描いた『待つ』シリーズ、魏振守さんは画面いっぱいに白い梅の花を散りばめた『雪中尋梅』のシリーズを発表。いずれも水墨画、日本画のイメージ。
 本道からは美術家の阿部典英さん(小樽)が『ネエダンナサンあるいは…』シリーズの造形作品と道展会員の日本画家石田眞理子さん(千歳)がモクレンを画面いっぱいに描いた『生々流転』のシリーズを発表。いずれも大作。
 交流展実行委員会(吉田茂代表)主催で北海道文化財団が共催している。
 2期は、26日から光州の作家の陶芸と彫刻、本道側から彫刻家で今年、本郷新記念札幌彫刻賞を受賞した加藤宏子さん(札幌)、美術家で今回展の吉田茂実行委員長が出品する。
 阿部典英道文化団体協議会長は「韓国の作家との交流は1984年から続いている」と語り、11日から18日まで旭川で北海道・全羅南道国際美術交流展があり、10月24日から光州で開かれるアジア国際交流展に本道からは15人の参加が予定されている。

 札幌市中央区北1西28、ギャラリーレタラで第1期展は24日まで、2期展は26日から9月14日まで。


 ◆写真は第1期展で展示されている阿部典英さんの作品『ネエダンナサンあるいは北・風』(横1・83m×高さ1m)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ