~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

深い内面性と大きな構図 『北山 寛一展』

 

 「2003年以降に描いた作品です」―。道内と海外の風景、花、女性像を描いた幅広い分野の油彩を中心に32点を発表。深いマチエールで入念な描き込み。サムホールから100号。個展、グループ展は数多い。
 「削っては色を塗る、を繰り返す」独自の手法。内面性の深い表現力が心を捉える。
 石狩管内厚田地区の海を望んだ大作『潮騒』『海を望む丘』は雄大なスケール。スイス、イタリアの風景なども展望のきいた構図。
 「静物を見ながら風景をイメージする」そうで女性像や猫の向こうに広々とした風景…などストーリーを秘めている。イタリアの『アッシジ眺望』は、歴史性を秘めている。
 「今回はミニ個展。あと2回は開きたい」。初画集も近く出版する。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラル7階スカイホールで27日まで。


 DSC01141_convert_20170825101726.jpg  北山 寛一(きたやま・かんいち)さん
 17年間パリの美術展に出品、受賞するなど海外取材が豊富。スペインの作家に影響を受けたという。学生時代の1970年に赤光社展(函館)で協会賞。その後全道展で会友賞など受賞、会員になったが94年に退会。日仏現代美術展、北海の美術イメージ展、安井賞など多数に出品。グループ環会員。道教育大学函館校卒。1947年空知管内新篠津村生まれ。札幌市中央区在住。

 ◆写真は油彩の『アッシジ眺望』(50号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ