~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

多彩な造形美の花器50点 『小倉 裕美子花鉢展』

 
 「楽しく作りました」―。これまでも個展、グループ展は多いが「今回のような展示は初めて」と言い、花鉢だけ約50点をそろえて訪れる人の目を楽しませている。キャリア20年以上。札幌市内の陶芸教室、専門学校などの講師を務め多忙の中で焼成した多彩な作品である。
 “花咲かマダムのうつわたち”をサブタイトルに家の中はもちろん外に置いて花を楽しむ器など、主宰している遊裕窯(電気窯)を始め登り窯や穴窯で焼き上げたバラエティーに富んだ力作を出品。
 かき落としての手法で内面の黒土で線を表現して文様を作る、外に置いておくとコケが生えるという白土に白化粧土をかけた焼き締めの器、淡いピンク系の色合い、円形のように見えるが周囲が四角形…自由自在に焼き上げたような造形美。実際にアイリー、ウォーターマッシュルームなどを植え込んだ器も。
 高さ約40㌢、直径26㌢から28㌢といった大作が多い。全体に色調を抑えた作りになっており重厚さの中にも気品と風格がある。
 指導している3教室、サークルの生徒30人も出品している。
 札幌市中央区大通西23、サンシャイン円山、ギャラリー円山で29日まで。

 ◆ 写真の作品は、気品に富む各種花鉢


 P1000354_convert_20100525155831.jpg   小倉裕美子(おぐら・ゆみこ)さん
 長女が小学生の頃学校のサークルで始め「1から勉強しました」。1996年から北海道陶芸展に出品、00年奨励賞、05年会員奨励賞を受賞。02年北海道陶芸協会会長だった故下澤土泡氏から師範格の認定を受けほくでん料理情報館マドレ、前田記念いきがいセンター陶芸教室で指導、現在は北海道陶芸協会円山工房の講師として道芸術デザイン専門学校、uhb大学、コープさっぽろルーシー文化教室、札幌市豊平区若者活動センターなどで指導。北海道陶芸協会会員で理事。札幌工業高校卒。1953年札幌市生まれ。札幌市厚別区在住。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ