FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

音楽をテーマに66点 『川本 ヤスヒロ展』

 

 「音を色彩で表現したい」―。「音楽の空間」をテーマに2012年以来描き続けてきた油彩42点を中心に水彩、パステル、今年焼き上げた陶器10点など合わせて66点を出品。油彩は100号から300号の大作18点。精力的な取り組み。深川市での個展は16年振りで、66歳の記念展でもある。
 長年「生と死」をテーマにしたしゃれこうべをモチーフにしていた。だが2012年春、ウィーン(オーストラリア)に2週間滞在しベートーベン、モーツァルト、ハイドンの記念館を巡り、街をスケッチしているうちに音楽に親しみを持ち、以来描くテーマに。今回発表している66点は、この5年間に制作した作品の中から選んでいる。
 『交響曲第2番(ブラームス)』『音楽の空間(サン・サーンス)』…バイオリン、フルート、チェロなどの奏者を画面いっぱいに色彩豊かに描き込みメロディーが聞こえてきそう。「音から生命感や喜怒哀楽を表現したい」と言う熱い思いが伝わってくる。

 JR深川駅前、経済センター・深川市アートホール東洲館で15日まで。



 川本 ヤスヒロ(かわもと・やすひろ)さん
 「70歳の時は70点を発表したい」。個展、公募展、グループ展でなど毎年次々に発表。9月まで全道展事務局長だった。1000点を目標に石狩市内のスケッチも続けている。海外取材も豊富。昨年3月北海高校教諭を退職。全道展、石狩美術協会、日本美術家連盟会員。エミ子夫人も水彩画家。1950年釧路市生まれ。石狩市在住。

 ◆写真は油彩の『交響楽第2番(ブラームス)』(100号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ