FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

ストーリーを込めた赤の世界 福島 靖代個展

 

 「赤が好きです」。見事に赤色を基調にした油彩25点を発表。いずれも風景や静物などとは違った取り組みでストーリーが込められ、メッセージ性が強調されている。2012年以来4回目の個展。0号から130号。
 「強いて言えば心象風景です」。大作の『灯』、『黒い蝶が飛んだ日』などは、真っ赤な空間の上部に割れて崩れ落ちそうな球体が浮き、下には真っ赤なりんごが重なるように描かれている。小品の『灯』は、ろうそくの灯かりがりんごを照らし出している。
 空中に浮くひび割れ状の球体は「自然の崩壊のメッセージです」と語り、今にも落下しそうな雰囲気。多くのりんごは、平和への強調なのかも。
 花や楽器などをやはり赤を基調に立体的に構成、優しい作品も。筆、ペインティングナイフや指でも描き込み、きれいなマチエールも魅力。「1点仕上げるのに3ヶ月はかかる」という取り組みである。

 札幌市中央区南1西3、さいとうgalleryで8日まで。

 DSC01290_convert_20171005162335.jpg 福島 靖代(ふくしま・のぶよ)さん

 かつてはブルーが基調だったが“赤の世界”に入って20年以上。絵筆は40歳代から本格的に。師は故阿部国利氏。新道展で1998年佳作賞、45年新会友。2010年以来春陽展に入選。新道展会員、春陽展会友。1943年小樽市生まれ。札幌市在住。


 ◆写真は、油彩の『灯』(100号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ