FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

美と気品の80点 『尾形 香三夫陶芸展』

 

 「取り組んで34~5年」―。独自に研究し、つくり上げた『練上(ねりあげ)』の技法による大小の花生、壺、皿、水指などからペンダントまで約80点を出品。今年7月に東京・銀座で個展を開き、11月には大阪でも…という精力的な取り組み。
 美しく気品に富んでいる。白粘土に練り込み用の顔料を混ぜて色粘土を作り、それを組み合わせて文様をつくり上げる、という手法。「こういう作品を作る陶芸家は他にはいないでしょう」。
 ブルーの濃淡、あるいは茶系の濃淡が白色調と微妙に重なり調和しながらうず巻き状に文様が表現されている。リズム感に富み、見ているだけで心地よい。輝きを抑えているのも特徴。
 器として使うより飾っておきたい…そんな気品と美しい数々の作品である。

 札幌市中央区南1西3、さいとうgalleryで22日まで。


 DSC01343_convert_20171019101431.jpg  尾形 香三夫(おがた・かみお)さん
 窯名は『混沌窯』(電気)。30歳から独学で陶芸を始めその5年後ぐらいから練り上げの手法に。個展、グループ展は数え切れない。ニューヨークでも発表。益子陶芸展で審査員特別賞、現代茶陶展でTOKI織部銀賞、日本陶磁会展で現代陶芸奨励賞など多数。1949年岩見沢市生まれ。同市在住。

 ◆写真は『練上鎬壺“空”』(横19・5×高さ19・0㎝)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ