~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

協会賞は嶋﨑さんの油彩 第92回道展

 

 芸術の秋を彩る道展(北海道美術教育)が始まり会員、会友、この1年間に亡くなった方の遺作、一般入選作品合わせて558点が展示され美の魅力を競っている。最高賞の協会賞は札幌大谷大学4年、嶋﨑由真さん(21)=札幌市=の油彩『滲出(しんしつ)』(130号)に。
 日本画、油彩、水彩、版画、彫刻、工芸の6部門に油彩の244点を始め合わせて444点の応募があり261点が入選した。応募者の最高齢は87歳、最年少は15歳の高校生だった。事務局では「油彩は丁寧に描き込み仕上げる作品が主流になりつつある。水彩は大半が60歳以上がが占め、版画は年齢、版種、技法が多岐にわたっている」と語っている。
 嶋﨑さんは一昨年の初出品で入選、昨年は佳作賞を受賞。今回の受賞作は「自分の気持ちを言葉で表現するのは苦手なので」と。自画像の口に水道の蛇口を当てて意志を伝えようという思いを込めた内容で「独得の世界を高い感性で表現している」と評された。
 佳作賞は21人、新人賞9人、会友賞は13人が受賞、新会員に9人、新会友に16人が推挙された。
 全館に大作、力作がびっしり展示され迫力感が広がっており、初日から多数のファンが訪れている。11月21日から釧路市立美術館、帯広市民ギャラリー、北網圏北見文化センターで移動展が開かれる。

 札幌市中央区南2東6、札幌市民ギャラリーで11月5日まで。

 ◆写真は協会賞を受賞した嶋﨑由真さんと作品
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ