~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

生命力と気迫の大作 『中谷 有逸展』

 

 十勝地方美術界のリーダー的存在である作者が、2006年から続けている版画16点を発表。このうち13点が80号という大作。重厚で生命力に富んだ気迫の筆勢である。
 『碑・古事記』のシリーズ。『古事記』を熟読しイメージを膨らませている。当時も今も人間のやっていることはそんなに変わらない。古事記に秘められた物語を独自の感性で大作に。
 それは抽象構成。しかも木炭粉、石粉、樹肥による自家製の絵の具と油絵の具、アクリル、鉄粉などを駆使して仕上げた独自のアート。「版を使って油絵…」と語り深いマチエールで動的な世界。
 一面に溶けた鉄を流したようなボリューム、白と茶の帯状がひしめき合う、あるいは赤、ブルー、鉄色の3色の帯状が天空に競り上がる…そんな数々が『生命』を強調している。タイトルの『碑』には「生きてきた証しを残しておきたい」という思いが込められている。

 札幌市中央区南1西3、さいとうgalleryで29日まで。


 DSC01377_convert_20171028150811.jpg  中谷 有逸(なかや・ゆういつ)さん
 22歳からほぼ毎年個展。グループ展で発表。開催中の道展にも出品中。芽室町で閉校になった小学校で制作。一度に10点を床面に置いて制作する。1996年十勝文化賞、99年帯広市文化賞受章。モダンアート協会、道展、道版画協会、平原社各会員。1936年札幌市生まれ。帯広市在住。

 ◆写真は『碑・古事記』シリーズの作品(80号)
 
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ