~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

56人が最終回展を飾る 『北海道立体表現展』

 
 「表現の多様性を知ってもらい、現代美術について理解を深めてもらいたい」として2001(平成13)年9月に道立近代美術館で第1回展を開いた北海道立体表現展(阿部典英実行委員会代表)が、今回の第5回展で終えることになり、同美術館と札幌芸術の森美術館、札幌彫刻美術館の3会場に合わせて56人の立体作家が多彩な作品を展示している。第1回展の開催以来10年。本道の造形美術のすそ野を確実に広げた。
 「このような展覧会は、全国的にも珍しいのでは」とされる立体表現展に木、紙、石、金属、陶その他多くの素材を自由自在に駆使した彫刻、立体造形、インスタレーションなどが会場いっぱいに展示され、作家の感性と気迫が広がっている。
 作家は札幌を中心に帯広、留萌、室蘭、日高など、年齢も26歳から78歳まで幅広い。公募展や美術団体の所属の枠を超えて結集した56人のうち今回初出品したのは端聡(札幌)池田緑(帯広)千代明さん(日高)ら17人。
 いずれも大作で個性豊か。しかも発想がざん新。作品の前で思わず足が止まる。本道の立体造形作家の存在感をアピールしている。
 札幌市中央区北1西17、近代美術館で6日まで。芸術の森美術館は13日、彫刻美術館は27日まで。

 ◆ 写真のは、野又圭司さん(岩見沢)の木材による作品(手前)と千代明さん(日高町)のスチールによる作品(右奥)



 P1000368_convert_20100530164306.jpg  阿部 典英(あべ・てんえい)さん
 第1回展からの実行委員会代表。「始めから10年、5回展で終了すると決めていた。優秀な作家集団を目指して作家同士がせっさたくまして来た。今後は若い作家が力をつけて行動してほしい」。浅井学園大学(現北翔大学)生涯学習システム学部長を06年に定年退職。個展、グループ展は数多く、個展は東京、韓国でも。2000年に札幌市民芸術賞、07年の洞爺村国際彫刻ビエンナーレで小田譲賞を受賞。03年『阿部典英素描集―海底』を発刊。道、札幌市文化団体協議会長。1939年札幌市生まれ。札幌市中央区在住。
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ