FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

洗練された美の陶器 『三上 慶耀鹿追窯作陶』

 

 十勝管内鹿追町で作陶の道に入って以来25年。地元で採取する粘土とかぼちゃの葉と茎を灰にした釉薬で仕上げブルーやグリーン系を基調にした家庭用食器約50点を出品、洗練された美しさがファンの心を捉えている。
 作品は花びら文様の花皿、高さ約30㎝の花びん、八角鉢から小さなカップ類まで多彩。いずれもブルーやグリーンの濃淡の変化が美しく輝いている。しかも微妙に表現が違う黒っぽい線の走りが変化を与えている。
 「線」は、焼成する熱による膨張率の変化によって生ずる貫入の紋様。独学で確立した。「地元の農作物の灰を釉薬に」を基本に研究を続けた結果の「青澄釉」の新作を2008年から発表している。独自の“三上アート”である。

 札幌市中央区南1西2、丸井今井一条館7階で13日まで。



 DSC01588_convert_20180204104856.jpg 三上 慶耀(みかみ・よしあき)さん
 札幌では2011年以来個展を続けている。1998年平原社展に初出品で入選、2013年めし椀グランプリ展で入賞、17年東日本伝統工芸展で奨励賞。窯は電気。日本工芸会準会員、日本工芸会東日本支部北海道研究会、北海道陶芸会各会員。帯広工業高校卒。1971年十勝管内浦幌町生まれ。鹿追町在住。

 ◆写真は、青澄釉による数々の作品
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ