FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

漂着物に生命を 水高 和彦展


 
 「海岸に流れ着いた木材に生命を吹き込みたい」。昨年の第62回新道展で協会賞を受賞した大作(188×188㎝)をはじめ2016年に制作した作品から新作まで32点を発表。それは、数々の素材を組み合わせて仕上げる「ミクストメディア」と呼ばれる独自の作品。1991年以来27年振りの個展。
 木片、布、麻、針金、厚紙…それらを組み合わせコンクリートや漆喰で固めて作品に仕上げている。素材の角材や板など木片は、海岸に流れ着いたもの。単なる廃材ではなく赤さびたくぎ、鉄板の一部などがついてい「何か物語が秘められている」とみている。
 「それらをアートに仕上げ再生したい」―。白い空間に浮くように腐食した角材や板などが組み合わされて『旅』『時のコンポジション』といった作品に。存在感が強調され、作者の熱い思いが伝わってくる。

 札幌市中央区南1西3、さいとうgalleryで25日まで。


 DSC01679_convert_20180322163106.jpg  水高 和彦(みずたか・かずひこ)さん
 木片は胆振管内勇払海岸で収集する。彩色せず漂着物の色や形を生かして表現する。新道展での協会賞は一昨年、昨年と2年連続。恵庭市文化協会振興賞、同市文化奨励賞受賞。恵庭市文化協会事務局次長、新道展会友。札幌大学経済学部卒。1954年恵庭市生まれ。同市在住。

 ◆写真は『時のコンポジション』(50号)のⅠとⅡ
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ