FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

鉄の彫刻を独自の絵画に 『片桐 三晴個展』

 

 スペインの鉄の彫刻家フリオ・ゴンサレス(1876~1941年)の作品に魅せられ、独自の感性で再現した色彩豊かな油彩を中心にモノトーン調の作品、立体作品合わせて38点と壁面を飾ったインスタレーションを発表。2015年以来3年振り16回目の個展。
 「ゴンサレスを遊ぶ」をテーマにした油彩(6号~50号)は非常にカラフル。彫刻家ゴンサレスの作品の基調は女性像。その姿を独得の視点と解釈で彫刻の基調を生かしながら独自の“片桐アート”に仕上げている。
 頭部が向き合う、横顔を立体的に、人体が弓なり状に、あるいは母と子…そんな構図をカラフルに立体感と共に動的に描かれている。それらの絵の元になっている鉄の彫刻の原図も展示され理解しやすい内容に。
 4点の立体作品は、頭部を三角状に作り上げるなど作者の個性が伺える。
 「立体作品を平面化するという“遊び”を試みた」という。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラで13日まで。


 DSC01810_convert_20180511110606.jpg  片桐 三晴(かたぎり・みはる)さん
 「東京で開かれたゴンサレスの彫刻展を見て心に響いたものです」。専ら個展主義。海外旅行が豊富で2000年にはニューヨークでも開催。武蔵野美術大学造形学部卒。札幌市生まれ。同時在住。

 ◆写真は展示されている数々の作品
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ