~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

生き生きとした筆勢で33点 林田 理栄子水彩画展

 

 生き生きとした筆勢で画面いっぱいに描き込んだ風景、静物、女性像、花の作品33点を発表。キャリア35年。独自の画風で内面の深さを追究している。サムホールから30号。2年振りの個展。
 透明、不透明水彩絵の具、墨も使い、思い切った筆の走り。心象の世界とも言える展開である。
 花は画面いっぱいに生き生きと描き、風景は広々とした構図で空気感が広がっている。静物はワインカラー調、ブルー調の空間に同じような色彩で花びんなどを描く、といった個性を見せている。
 肉太の筆勢でぐいぐいと描き込み生命感が伝わってくる。きれいな水彩画とは、ひと味違った魅力がある。展示作品は、22日から全面的に入れ替える。

 札幌市西区二十四軒4条3丁目、ギャラリー北のモンパルナスで31日まで。


 DSC01832_convert_20180517103407.jpg  林田 理栄子(はやしだ・りえこ)さん
 描くのが早い。「作品によっては30分で仕上げることも…」。風景は現場でスケッチをする。個展、グループ展は多数。3ヵ所で水彩画教室を開いている。師は故八木保次、伸子夫妻。道彩展で優秀賞。道彩展会員。北海学園大学経済学部卒。1953年福岡県生まれ。札幌市在住。


 ◆写真は『翠のソーダー瓶』(20号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ