FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

独自の絵画の夫婦展 『植田 莫・ようこ作品展』

 

 油絵、日本画などではない。染料、墨、日本画の顔料などで描く独自の絵画を発表している夫婦の作品展。ご主人の莫さんは「30年は続けている」という放浪の俳人種田山頭火(山口県生まれ、1882~1940年)が残した句をモチーフにした絵41点、ようこ夫人は風景や花などを描いた14点を発表。6月にも札幌で2人展を開く。
 洋紙、和紙、中国産の木綿などにハケや筆で描く独特の手法。キャリア40年以上。手染めキルト絵と呼んでいる。
 山頭火は、家の没落と共に家を捨て禅僧姿で全国放浪の旅に出た俳人。その俳句を基に絵を描いている。「山頭火句紗絵」のシリーズ。
 夕焼けを背に、枯れ木の中を、タンポポが咲く中を行く姿、あるいは一人で酒を飲んでいる山頭火を哀愁を込めて描いている。ストーリーが秘められている。
 ようこ夫人は「イメージの世界です」という『村祭り』『満月の夜に』など優しい情緒。陶芸家の多田昌代さん(札幌)が制作した額装に納めていて気品がある。
 莫工房は札幌市西区に。

 札幌市東区本町1条1丁目、茶廊法邑で6月3日まで。

 ◆写真は植田莫さんの作品『山頭火句紗絵』
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ