~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

18人が具象の美追究 『グループ環展』



 美術団体や会派を超えて具象絵画の美を追究しているアーティスト集団の作品展。2000年に第1回展を開いて以来今回が19回展。昨年より多い18人が油彩、水彩合わせて35点を発表、具象の美の魅力を競っている。
 第1回からのメンバーは香取正人さん、中吉功さん(札幌市)と中村哲泰さん(恵庭市)の3人。今回から油彩の山田則意さん(後志管内共和町)が加わった。
 出展は、20号から50号。風景を中心に静物、人物像と幅広い。小堀清純さんの水彩『雪の資料館』は油彩を思わせる深いマチエール、中吉功さんの『北風景』はブルーを基調にした山の表情、合田典史さんの『雨の港町』は明るい色彩のコントラスト…など、どの作品も個性豊か。
 毎年1000人を超えるファンが訪れており、17日にはギャラリーアートも行われる。
 来年6月の20回記念展で作品集の発刊、オープニングパーティーの開催が計画されている。

 札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラルで17日まで。

 ◆写真は香取正人さんの油彩『丸加高原』(40号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ