~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

“白の世界”の魅力追究 『菊地 眞悟展』

 

 「しばれ雪描く」をテーマに発表を続けており、今回も油彩35点は全て雪景色。「雪景色には生活や歴史が秘められている」―。道内各地を回って描いている。昨年に続き3回目の個展。6号から50号。
 落下する滝、海を望んだ光景、降ってくる雪そのものを描いた作品もあるが、多くは人影の全くない樹林、連山を望む農村の雪景色。それらを天候や時間の変化、移り行く情景を入念に描き込み空気感が広がっている。
 『農道』『村道』といった広々とした雪の道、快晴の『早春』、光と影がゆらめくような『樹影』…吹雪の表情もあるが、森閑とした“白の世界”を大きなスケールで展開している。樹林の向こうに太陽が沈む光景には、大自然のロマンが広がっている。
 一貫して“白の世界”の魅力を追究、ファンの心を捉えている。

 札幌市西区山の手7条6丁目、山の手ギャラリーで7月14日まで。


 DSC01977_convert_20180701103003.jpg  菊地 眞悟(きくち・しんご)さん
 「雪景色だけを発表する作家は、他にいない」と言われている。描くのが早く「2~3日で1点仕上げる」という。同じところに3回はスケッチに。道展で1985年能勢賞、86年佳作賞。2015年東京で初個展。13年赤平市に元気の丘ギャラリー開設。1944年旧樺太生まれ。赤平市在住。

 ◆写真は油彩の『村道』(50号)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ