FC2ブログ

~北海道で活躍している作家さんたちを紹介しています~  五十嵐 恒

未分類

協会賞は林正重さんの大作 29日から第63回新道展

 

 第63回新道展(新北海道美術協会)の入賞・入選者が発表され、最高賞の協会賞は林正重さん(67)=岩見沢市=の油彩『息遣い』(224×162㎝)が受賞した。昨年初出品で佳作賞を受賞、今回が2回目の出品だった。
 総搬入数は398点で会員、会友、一般の入賞、入選作品合わせて277点が展示される。一般応募者数は14歳から90歳までと幅広く、具象の風景から心象構成の作品が全体のほぼ90%を占めた。
 林さんの受賞作は、今も残っている留萌管内の旧羽幌炭鉱の石炭を貨車に積み込む3階建ての施設の内部を描いた大作。「1970年に閉山になったが、日本の近代化に大きな役割を果たした。残された施設からその息遣いが伝わってくる」と語り、昨年10月から7ヶ月をかけて描き上げた。

 主な受賞者は下記の通り(敬称略)
 ▽佳作賞 数田修、故郷Ⅱ、永桶麻理佳、楓月まなみ、室谷三枝(以上札幌市) 内海一弘(苫小牧市) 塩谷恭子(伊達市) 高橋和子(北広島市) 富田信子(浦河町) 中川雅章(恵庭市) 室里枝(登別市)
 ▽新人賞 キタノサヤカ(登別市) 福井千絵子(札幌市)

 29日から9月9日まで札幌市民ギャラリーで開かれる。


 DSC02107_convert_20180819160748.jpg  林 正重(はやし・まさしげ)さん
 「受賞の連絡をいただいた時は、51年描いてきた中で一番嬉しかった」。高校2年で純正美術展に入選、その後道新賞を受賞、留萌美術協会展で記念展、道教職員美術展で特選など。「絵を描くのは楽しい。抽象絵画にも挑戦したい」。道教育局を2016年退職した。

 ◆写真は、協会賞を受賞した油彩『息遣い』(224162㎝)
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chikuwapan

Author:chikuwapan
FC2ブログへようこそ!

『北海道を彩るアーティスト』
絵画、版画、彫刻、工芸、陶芸、立体、書道など各分野で活躍している北海道のアーティストを、写真入りで分かりやすく解説しています。

全道各書店にて発売中!!

ご連絡はこちらから
個展情報やお問い合わせは、こちらのメールで!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
スポンサードリンク

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ